FC2ブログ

エンジンの組み立て

戦車模型製作
12 /12 2019
DSCN1076_convert_20191212074936.jpg
見て分かる通りエンジンです。これだけで60パーツ以上あります。組んでて思ったのがパーツの向きが分かりずらい部分が多々ありますので、要仮組みです。
スポンサーサイト



左右フェンダー組み立てと、ウィンチの取り付け

戦車模型製作
12 /09 2019
DSCN1071_convert_20191209080910.jpg
まず左右のフェンダーを組み立てていきます。K3-37、-38、-39は後々の、K3-21、K3-22の取り付けで付かない場合もあるので、後者を優先します。(私は、引っぺがして接着しました)また、H3-2にはG2-46を裏に出して、G2-47で固定します。ウィンチの取り付けは、前方のドライブシャフトを外して、後ろのドライブシャフトを穴に通してから、接着します。その後G2-11、前方隔壁のH3-2を接着します。あと、J3-19は、簡単に折れます。エッチングソーなどでゲートカットしましょう。

ウィンチの作成

戦車模型製作
12 /08 2019
DSCN1070_convert_20191208142751.jpg
いよいよ、このキットの最大のチャームポイントのウィンチの作成です。見事に失敗しました。本当は、手前の巻取りローラーにワイヤーを巻いていくのですが、すっかり忘れてて、ストレートにプーリーにつなげています。これ、B3-11接着前に巻き取っていかないとワイヤーを巻くのがほぼ不可能になってしまいます。なお、B3-11の裏側は押出しピンが無数にあるので、切り取ります。またB3-25は非常に取れやすいので、しっかり接着しましょう。B3-11を先に接着してから、B3-23を接着します。ローラー側のワイヤーは、B3-8とB3-9の間に強引に挟み込んで接着します。B3-4は取れやすいので、瞬接でしっかり止めましょう。

履帯の組み立て その2

戦車模型製作
12 /08 2019
DSCN1061_convert_20191208141226.jpg
履帯を組み立てていきます。爪を1個1個貼り付けても、接着不良で外れや斜めに貼り付けになったりします。それを表側だけ直していきます。

田植え、継続中

戦車模型製作
12 /03 2019
DSCN1060_convert_20191203082333.jpg
今日も今日とて、履帯の爪を植えております。
ちなみに、ピンセットは、スイスのDUḾONT社のチタン製モデルでございます。軽くて、はさむ力も少なくて済むので、おすすめです。
まぁ、ピンッは避けられないのですが。

のりしろ18

週5で就労移行支援事業所に通ってます。候補はあと2つ。同時進行で履歴書を書いています。後悔のしない就活を続けたいと思います。
初心者なので、いろいろお見苦しい箇所があると思います。
コメントしていただければ、直せるところは、直します。