FC2ブログ

Ⅳ号戦車H型後期の箱の中

戦車模型製作
11 /17 2019
tツィメリット装甲中身
箱の中身は、取説、23枚のランナー、クリアランナー1、エッチグパーツが1枚、シェルツェン用アルミエッチングが2枚、デカール1枚
DS履帯が2本、車体下部、砲塔、砲塔用シェルツェン後部が各一枚、金属ワイヤー1本(多分コシが強くて使えない)前面装甲用の予備履帯1袋となっております。
スポンサーサイト



ドラゴン Ⅳ号戦車H型後期ツィメリット装甲

戦車模型製作
11 /17 2019
DSCN1002_convert_20191117144457.jpg
今回は、ドラゴンのⅣ号戦車のH型後期ツィメリット装甲版を組んでいきます。まずは箱絵。
M4が歩兵をいたぶっていた所に、Ⅳ号戦車が駆け付け、M4を撃破した直後でしょうか。?負傷兵を担いで後方に歩いていく歩兵が印象的です。

マーダーⅡの完成

戦車模型製作
11 /17 2019
完成
パーツのJ12とJ14は印刷ミスです。トラベリングロックはC39を接着前に取り付けます。ここで重大なミス。先に弾薬庫を接着しないと
側面の装甲板の位置が決められません。
また、pak40は、B34・B35と強力瞬接で接着します。砲架は入り組んでいるので、要仮組と説明書を見ながら組み立てます。B60とB61は逆です。主砲と前部装甲は、MA4と干渉しないように、上から被せます。前面のペリスコープ固定具はC69が正解です。前面装甲下部のMC3とMC4は逆です。
最後に砲と車体を取り付ける時は、パーツが取れないよう慎重に取り付けます。
以上駆け足でお送りしました。
今回も間違いやパーツの紛失とかありましたが、何とか完成しました。
古いドラゴンのキットでしたが、思ったよりラクに組めました。
オープントップとはいえ、こんな狭い空間で、pak40を発砲してた思うと、大柄な砲兵さんはさぞかし苦労やケガが絶えなかったと思います。それでは、また。

車体上部の組み立て2

戦車模型製作
11 /17 2019
車体上部2
車体上部を車体下部に取り付けます。ドライブシャフトB29が変速機のくぼみに入るよう調節します。Ⓖの取り付けは、正しくないかもしれません。

車体下部の完成

戦車模型製作
11 /17 2019
履帯の巻き付け
履帯は、片側95コマぐらいで転輪に巻き付けていきます。作例では、少し隙間が出ています。悪い例です。

履帯の組み立て

戦車模型製作
11 /17 2019
履帯
モデラーズの履帯組み立て治具を使い、斜めにならないように接着していきます。

車体上部の組み立て1

戦車模型製作
11 /17 2019
マーダーⅡ 車体上部
車体上部の組み立てていきます。C10はキツいので少々削ります。B53、A9とA10は取り付け位置が、分かりずらいので、7⃣を参考にして組み立てます。

マーダーⅡ 車体下部の完成

戦車模型製作
11 /17 2019
マーダーⅡ 車体下部
床、操縦席、変速機を取り付けます。マジックトラックは、軌道輪にしっかり巻いて接着しましょう。後で車体上部と干渉します。

マーダーⅡ 車体下部、足回り、リアパネルの組み立て

戦車模型製作
11 /17 2019
マーダーⅡ 車体リアパネル
Ⓔは、サスペンションと接触するので、少し曲げて取り付けます。C8は穴が小さいので、ピンバイスで大きくします。C70はリアパネル取り付け後に接着します。C37は、接着面が小さいので、今後の組み立て時に何度も取れるので、完成前に取り付けることにします。

マーダーⅡ 足回り、リアパネル組み付け

戦車模型製作
11 /17 2019
マーダーⅡ 車体リアパネル

のりしろ18

週5で就労移行支援事業所に通ってます。やっと本命の時計店の履歴書と職務経歴書が完成しました。WEBでのエントリーが済み、必要書類等の返答待ちです。
初心者なので、いろいろお見苦しい箇所があると思います。
コメントしていただければ、直せるところは、直します。